紅色幻想

ポケモン、デュエマ、音楽・・・多趣味多忙な高校生のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュエルマスターズ背景ストーリー「序章~第1弾」


とある超獣たちが住む惑星

そこの文明は我々の文明よりも高度であり、その文明に彼らは誇りをもっていた。

文明は一大陸に5つ存在し
森に住むもの、天空に住むもの、地下に住むもの、火山に住むもの、海に住むもの
大きく分けてこの5つのものたちによって文明は作られてきた。

活気は溢れとても平和だったといわれている・・・・・

この5つの文明は互いを尊重しあい、決して交わることなどなかった。
自分の心のままにすごし、どの文明も独自の文明を育んだ。


彼らは、互いを尊重し互いの干渉を避けるためにとある協定を結んだ。
5文明協定」である。
・他の文明の尊重
・互いの文明の相互不干渉
・フィオナの森の保全
・領土の確定
とある力の封印
といったものを結んだ協定であった。

しかし-----


とある夜、フィオナの森を不思議なオーロラが覆ったのである。
誰もが息を呑み、何かを悟ったという。

そして、世界の中心を突如大爆発が襲う。
世界の各地は崩壊と災害に見舞われ、平和だったはずの5文明の均衡はくずれさった。

最も大きな被害を受けたのは、地下に住む闇文明であった。
崩れ落ちる岩盤、迫り来る炎によって、地下世界は地獄絵図とかした。
被害が沈静したのち、支配種族ダークロードは5文明協定の破棄そして他の文明への侵略作戦を企てた。
第一標的はフィオナの森を住みかとする自然文明であった。
闇文明はパラサイト・ワームリビング・デッドキマイラといった主力部隊を大量に動員し、フィオナの森に進行を開始した。(第一次フィオナ進行
最初、闇の部隊は森の住人である、ジャイアント・インセクトホーン・ビーストビースト・フォーク達の手荒い歓迎を受ける。
だが、突然の奇襲により戦闘準備のできなかった住人たちは次々に敗走、闇の残虐な行為により、森は破壊され、かつてのフィオナの森の美しさはもうどこにも無かった。
さらには闇部隊のエリート軍、デーモン・コマンドまでもがフィオナへ進行。
騎士将《暗黒騎士ザガーン》混沌将《混沌の獅子デスライガー》を中心とした部隊がさらなる殺戮を決行。
フィオナの森は血に染まった。


闇文明についで被害を受けたのは水中に都市をつくり高度なテクノロジーを発達させた水文明であった。
水中都市へ大打撃を受けた水文明の支配種族サイバーロードは《トロピコ》らを中心に闇同様、5文明協定の破棄、そしてもっとも知能レベルの低く野蛮であると見くびっていた火文明への奇襲作戦を決行。
戦闘種族であるリキッド・ピープルサイバー・ウイルスゲル・フィッシュは火文明と水文明の境となっていた、火文明大陸西岸ボルザード海岸を奇襲。(ボルザード海岸奇襲)
勝利を確信していた彼らは、事前に奇襲を予測した、ロック・ビーストらの火文明種族により奇襲に失敗。5分の3という大半の水の部隊が一気に蒸発、消滅した。
この奇襲に怒り狂った火文明のマシン・イーターヒューマノイドドラゴノイドは一致団結して水部隊を完全に撃退。水文明の他文明侵略は失敗に終わった。


火文明もまた、侵略意識を爆発させ、最も爆発の被害を受けなかった、天空の文明、光文明に目をつけた。
水文明の火文明奇襲、闇文明の自然文明進行を目の当たりにした光文明の支配種族ライトブリンガーは、下界に対する不干渉政策(キリアス=プラン)を立ち上げた。
おそらく今後あるであろう、他の文明の光文明への進行に備え、まずは自分の文明の軍備拡張をいそいだ。
ガーディアンバーサーカーイニシエートの大軍を下界の偵察、および光文明の中枢、シルヴァー・グローリーの警護に当たらせた。
光文明の予想は的中、火文明が進行してきたのだ。
とくに2体の火文明最強種族アーマード・ドラゴンである、《ボルシャック・ドラゴン》《メテオ・ドラゴン》は2体で光の警護部隊を蹴散らしてゆく、しかしその時、光文明最強、そして光文明統合の象徴であるエンジェル・コマンドが竜の前に降り立った。
エンジェル・コマンドはかつて地上に存在した古代都市をすべて破壊しつくし、天界文明の礎をつくった光文明の英雄であった。
英雄の登場により士気を吹き返した光文明は竜への反撃を開始。
《浄化の精霊ウルス》《光輪の精霊シャウナ》による反撃で七日七晩続いた戦いは光文明が火文明を退却させる形で終結した。


この戦いにより、光文明は侵略文明、火文明と闇文明に対して敵意識を強く持つこととなった。



あの爆発のせいで-----今までの平和な時代は砕かれ5文明が互いに本性を見せてしまった。

長い長い・・・・・文明の生き残りをかけた5文明戦争がここに始まったのである・・・・・。




                      
                         

                                  第2弾「進化獣降臨」へ続く

                                         次回予告!

続きを読む »

スポンサーサイト

スプラァァァァァァァッシュ

もうすぐ発売 サイキックスプラァァァァァァァッシュ

それぞれの区切りの最終弾のオーヴァーキル具合には毎度楽しませていただいてます。


さて、今回ははたまたどうなのだろうか

今回のSRの具合をちょいと見てみよう。



その①光文明:《光器アマテラス・セラフィナ》 75点

アマテラス、カムバック
が、以前の汎用性はどこへ・・・・・
打点があがった変わりに、コスト、文明制限と制約が大きくなりました。
闇か光の4コス以下の呪文・・・・・
まぁ、メタモーフだったり《ゴーストタッチ》だったり《魂と記憶の盾》だったり《ラッキーダーツ》
など使えなくはなさそうですね。
昔のアマテラスとは別物として使うといろいろ面白そう。
今後も光or闇の呪文は絶対増えますし。 個人的に良いカードかなと

その②闇文明:《悪魔神グレイトフル・デッド》 85点

問題児その1
ただこの子の善良なところはpig能力ってことぐらい
いつか出ると分かってたコマンド進化ですが、やっぱ強いなぁ
cip能力も終盤なら腐りにくいし、進化のしやすさとあいまってなかなか強力かなと
コマンド種族中心のデッキで超次元とか墓地ギミックがあるデッキなら1枚挿すだけでも嫌がられそう。
pig生かしたいならやっぱデーモン・コマンドかなぁ

その③火文明:《超時空ストームG・XX》→《超覚醒ラスト・ストームXX》 65点

nice over kill.
この一言に尽きますね。
この覚醒編計4弾のまさに総まとめ
ただ意外とサイキッククリーチャーを出したて条件満たしてたらノーコストで出てくる巨大獣って
案外怖いかも
あと名前が最高にカッコイイ
超覚醒ってwwwww超覚醒ってwwwww

その④自然文明 :《大神砕グレイトフル・ライフ》94点

今回のトップレアと思われる問題児その2
相方のG・Dとはcipとpig能力が逆になっただけだが、
単純に場に出ただけで、進化クリーチャー特有のディスアドバンテージを補ってくれるのは
単純に強い。しかもコスト7以下ってかなり範囲は広め
破壊されても墓地回収ができるので、相対的にディスアドバンテージは皆無に等しい。
要するにアドの塊。デュエルマスターズ界を資産ゲーに一歩近づけてしまった感が・・・・・
でも強いもんは仕方ないッスネ
《ホーガン》系列や、その他コントロール系デッキに入るか・・・・な?

その⑤5色:《時空の支配者ディアボロスZ》→《最強の覚醒者デビル・ディアボロスZ》 ?点

現在覚醒前の効果しか分からないワガママ大王
結構期待してたりしてます。


とまぁ、個人的には面白い弾になりそうかな。
なかなか最終弾だけあって、ヒーロー性、ドラマ性に大きく傾いているものが多いですが
実力のあるカードは健在
とくに緑と黒の2体はなかなか新たな風を巻き起こしそうで楽しみ
今後もデュエマの発展が楽しみです。


で、新企画?

続きを読む »

勝舞くんよ永遠なれ・・・・・

今月のコロコロコミックにて・・・・・

デュエルマスターズSX最終回・・・・・

泣きはしませんでしたが、
感動のあまり、5回くらい連続で読みました

コロコロは現在進行形で買ってる唯一の雑誌ですが、
私の場合、小2くらいの夏からずーっと買ってきました。

その当時は、勝舞くんはまだMTGでした

そのごDM編に移行してからは、毎号毎号楽しみに見てきました。

勝舞くんの使ってきたカードはどれも魅力のあるカードばかり・・・・・
本当に好きでしたね



次号からは弟様の勝太君のデュエルマスターズVがはじまります。


ありがとう勝舞くん!
よろしく勝太くん!


さぁ、みんな!


デュエルしようぜ!!

赤黒青ZeroPhoenix

夜中にデッキをupする馬鹿こと紅夢です。
勉強、あきらめました(笑)
そのためのひつまぶしです。

初めてのデッキ公開は、内容完成、ただなによりカードが足りない、
クローシスカラーのゼロフェニビートダウン
覚醒編の1BOX特典ですからね
手に入りやすさ、その効果の強烈さを生かしてデッキを組みたいところ

赤 10
《機動闘竜メタルクロー》3
《不知火グレンマル》2
《ストームジャベリン・ワイバーン》1
《爆獣ダキテー・ドラグーン》1
《地獄スクラッパー》3

黒 11
《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》1
《ヤミノサザン》2
《解体人形ジェニー》1
《闘竜死爵デス・メンドーサ》1
《ブラッディ・ドラグーン》2
《ブラッディ・シンバル》1
《ブラッディ・イヤリング》1
《デーモン・ハンド》2

青 8
《アクア・サーファー》2
《パクリオ》1
《サイバー・ブレイン》1
《エナジー・ライト》4

虹 11
《暗黒凰ゼロ・フェニックス》3
《腐敗勇騎ガレック》3
《電脳封魔マクスヴァル》4
《執拗なる鎧亜の牢獄》1



え~
構造はシンプルですね
ビートダウンですが、ブロッカーが多いのでvs速攻や同系には強いほうかな
クリーチャーを立てながらビートダウン
フィニッシュはZeroPhoenixでのシールド焼却
除去されれば、2ハンデスandランデス
相手からすれば、これほど嫌なフィニッシャーはいないでしょう
まだまだ未完成のver1,0なのでまだまだいきますよ~
本当は《ピアラ・ハート》とかも入れたいんですが・・・・・・
あいにく
持ってないっていう・・・・・・

て、わけで初のデッキ紹介でした。

忌むべきもの

お久しぶりです。
お蔭様でほとんど更新できませんでした・・・・・
本当申し訳ない・・・・・


今回の更新は表向きは覚醒編考察なカンジですが、
裏の顔は最近のストレスをおもいっきりぶちまけます。



というわけで、覚醒編出ましたね。
個人的に良い弾になりそうです。
神化編も最初は好きだったんですが・・・・・
後半になるにつれ、低年齢向け感が・・・・・
そのためか、今回は戦国編と同じようなにおいがします。

一つ目の理由は、新能力の充実さ
DM-36だけでも、
光文明 ホーリー・フィールド
水文明 連鎖、激流連鎖
火文明 マーシャル・タッチ
自然文明 マナ爆誕
闇文明 返霊、地獄返霊
と、これまたゲーム性の幅が広がりましたね。
個人的には、ホーリー・フィールド、マーシャル・タッチが面白そう。
前者は、ビートよりの環境をコントロールに戻そうとしたのがねらいなのでしょうかね?
後者は、火文明らしからぬ、トリッキーな能力
cipもちの再利用など悪いことがいっぱいできそう。

もう一つは、カードパワーの大幅向上
《サイバー・A・アイアン》を見てもらえれば一目瞭然。
戦国編では、《緑神龍ディルガベジータ》が当てはまりますね。
従来のバニラ、準バニラの基本スペックを凌駕し、
既存のコスト理論をがん無視した、オーバスペック感が目立ちます。
さらに、目玉の《超次元呪文》これも、何らかの能力を使いつつ、
コスト5or7のクリーチャーをコスト踏み倒しで召喚するので、
どう考えても超スペック。
そのサイキック・クリーチャーもスペックが高いものが目立ちます。
それはまたそのうち書きましょう。




というわけで、ざっとした覚醒編の特徴でした。
みなさんも買って、新たなデュエマを楽しみましょう!!



さて、以下愚痴です(笑)

続きを読む »

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

紅夢

Author:紅夢
とある吹奏楽部の音楽監督
トロンボーンを吹く程度の能力

デュエマは高3から本格的に走る予定
それまでは、吹奏楽一直線!!!


・・・・・のハズ


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード




FC2Ad


●ブログテンプレート by 岬青潮
●イラスト・広告コミック・名刺封筒デザインは寺乃園イラストエ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。